酵素の種類とそれぞれの特徴、働きについて

酵素の種類とそれぞれの特徴、働きについてのイメージ
美容や健康に良いと大注目の酵素ですが、実はたくさんの種類があるんです。酵素の力でキレイと元気を得るために、酵素の種類と特徴をぜひチェックしましょう。

健康や美容に酵素がいい!とよく言われますが、酵素と言っても種類が星の数ほどあるんです。

酵素は種類ごとに決まった物質にしか反応しないので、同じ酵素ばかり摂取してもダメなんですね。

それぞれの酵素ごとの特徴を知っておく事が、キレイと健康のコツになります。

そこで、私たちの美容や健康に深く関わる、身近な酵素の種類についてまとめました。

酵素の種類ごとの特徴

酵素とは、化学反応のスイッチを押すタンパク質の一種です。そう言うと、少し難しそうですね。

でも、世の中で起きることの多くは化学反応が関わるので、酵素は世界の全てと繋がっているんです。

食事を消化する、汚れを落とす、エネルギーを作る、体を動かす、料理をする、全て酵素が関係します。

中でも私たちと関わりが深いのが、物質をバラバラにする消化酵素や、エネルギーを作る代謝酵素です。

さらに最近注目なのが、体を守り美容にも関係する過酸化水素分解酵素なんですね。

絶対に知っておきたい、それぞれの酵素の特徴を紹介したいと思います。

物質をバラバラにする消化酵素

まず最も身近なのが、物質をバラバラに分解する消化酵素ですね。

私たちが食べたものがちゃんと消化されるのは、この消化酵素のおかげなんです。

人間の胃腸にはいろんな種類の酵素が存在しているので、ご飯もお肉も消化できるんですね。

そして、消化酵素というとお腹の中だけに存在するイメージですが、実はいろんな場所に隠れています。

植物や菌など、自然界の生き物たちも酵素を生み出しているんですね。

人間がそれを見つけて、消化を助ける胃薬、汚れを落とす洗剤、発酵食品づくりに生かしています。

消化酵素は、生活の進歩に無くてはならない物なんですね。

酵素の基質特異性とは?

ちなみに、消化酵素は種類ごとに決まった物質しか分解しません。

この酵素ごとに分解する物質が決まっている性質を、基質特異性と呼びます。

でんぷん専門、タンパク質専門など、担当の酵素が決まっているんです。

この後で消化酵素の種類を紹介しますので、ぜひチェックして下さいね。

エネルギーを燃やす代謝酵素

ほかにも、人体に大切な酵素といえばエネルギーを燃やす代謝酵素ですね。

人間の体を動かすためのエネルギーといえば糖質ですが、実は糖をそのまま使うわけではありません。

代謝酵素が糖質をバラバラに分解する過程で、筋肉を動かすエネルギーが生まれるんです。

この代謝酵素は人間の細胞の中、ミトコンドリアという豆のような形の器官に存在しています。

ミトコンドリアにある代謝酵素の量で、生きるために使うカロリー、つまり基礎代謝が変化するんですね。

代謝酵素は年齢を重ねるごとに減ってしまうため、中年太りが起きやすくなるんです。

40代が近づいてきたら、筋トレや運動を行って代謝酵素の減りを補いたいですね。

ストレスや衰えから体を守る過酸化水素分解酵素

そして近年注目が集まってるのが、過酸化水素分解酵素のカタラーゼです。

過酸化水分解?難しそう・・・と思われるかも知れませんが、くっついた酸素を取り外す酵素の事ですね。

酸化して毒性が強くなった成分を分解して無害にする、とっても役立つ酵素なんです。

酸素を切り離して無害化する事で傷口を殺菌したり、カタラーゼは人体を守る酵素と言えるんですね。

カタラーゼは切り取った酸素を放出するので、ロケットエンジンを動かすのにも使われる酵素なんですよ。

老化やストレスダメージ対策にカタラーゼ

パワフルに酸素をブチっと切り離すカタラーゼなので、人体にもすごい力を発揮するんです。

人間はストレスや老化、紫外線などでダメージを受けると、細胞が酸化してしまいます。

細胞の酸化はシミ、シワ、機能の衰え、病気に繋がる緊急事態なんですね。

そんなときにカタラーゼが酸化を防いでくれたら、ストレスや老化から守ってもらえます。

参考:栢森裕三(2018)健康状態を推定する酸化ストレスの簡便な測定法,新技術説明会スライドより

カタラーゼの材料になるヘム鉄を補給しよう

若さと元気の酵素のカタラーゼなので、美容界もカタラーゼに大注目です。

自分の体にどれくらいのカタラーゼが存在してるのか、測定キットもネットで買えますよ。

しかし、カタラーゼは食べ物からは補給できない酵素なので、自分の体内で作り出すほかありません。

カタラーゼは鉄から作られるので、ヘム鉄のサプリメントを補給すると酵素が順調に作られます。

酵素の存在を意識するだけで、選ぶサプリメントや食事も変わってくるんですね。

消化酵素の種類だけでもこんなにある

大きく分けただけでも、こんなに色んな酵素が存在していたなんてびっくりですね。

そして、消化酵素の部分で触れたとおり、酵素は決まった物質にしか反応しません。

そこで大事になるのが、どの消化酵素がどの物質を分解するのか理解する事なんです。

知れば知るほど奥が深い、消化酵素の種類について紹介したいと思います。

でんぷんを分解するアミラーゼ酵素

まず、ご飯やパンのでんぷんを分解してくれるのが、アミラーゼという酵素です。

消化不良の時に効果があるので、胃薬にも配合される心強い酵素なんですね。

でんぷんを水に溶いたドロドロの液体にアミラーゼ酵素を入れると、分解されてサラサラになるんですよ。

炭水化物は糖と糖が繋がった物質で、アミラーゼは糖同士を引き離す力を持つんです。

人間の胃腸や野菜、微生物にも存在する酵素で、人間と最も身近な酵素のひとつと言えますね。

ちなみに、お酒を作る麹菌はアミラーゼを生み出してお米を分解し、お酒に変える力がありますよ。

脂肪を分解するリパーゼ酵素

リパーゼは脂質を分解する酵素で、人間の胃腸にも存在する酵素です。

ギトギトのからあげを食べても、トイレで油がドバっと出ないのは酵素のおかげなんですね。

脂肪をバラバラにして生まれる脂肪酸はやがて肝臓で糖質に変換され、体を動かすエネルギーになります。

適度に脂肪を分解するので、バターやチョコの舌触りを良くする加工にも使われますよ。

また、油を落とす力があるので、安全な台所用洗剤の成分としても身近な酵素です。

タンパク質を分解するプロテアーゼ酵素

また、肉や魚などのタンパク質を分解するプロテアーゼも大事な酵素です。

よく聞くペプシンもプロテアーゼ酵素の一種で、タンパク質をバラバラに分解します。

人間の胃腸で消化を助けるほか、身近なところでは塩麹もプロテアーゼを含んでいます。

麹菌が生み出すプロテアーゼが、お肉が柔らかく旨味豊富に、おいしく仕上げてくれますよ。

プロテアーゼがタンパク質を分解すると、旨味成分のアミノ酸が大量発生するのでおいしくなるんです。

アミノ酸は代謝を助けたり、元気が出る栄養素でもあるので、プロテアーゼはとっても役立つんですね。

食物繊維を分解するセルラーゼ酵素

そして、人間の胃腸には無い食物繊維を分解する酵素がセルラーゼです。

私たちが硬い草の繊維などを消化できないのは、セルラーゼを持っていないからなんですね。

牛や馬はセルラーゼを持っているので、硬い草から糖質を生み出して大きな体を維持できます。

セルラーゼは野菜の消化を助けるので、胃腸薬の成分として広く使われているんですよ。

また、セルラーゼは洗濯洗剤に入れると、繊維である木綿についた汚れをよく落とすので役立ちます。

普通にしていれば人間には必要ない酵素ですが、意外に役立つのがセルラーゼ酵素なんです。

酵素の種類についてのまとめ

  • 食べたものや汚れを分解する消化酵素
  • 基礎代謝のカギを握る体内の代謝酵素
  • エイジングケアに大事なカタラーゼ酵素

酵素にはたくさんの種類があって、実は生活に馴染み深い物ばかりだったんですね。

消化酵素で胃腸を整え、ヘム鉄のサプリでカタラーゼ酵素を減らさないようにしましょう。

特に、基礎代謝に影響する代謝酵素が年齢で減っていく事は中年太りの原因になります。

筋肉を増やしたり運動したり、アミノ酸のサプリを摂取したり、代謝を落とさない努力が必要ですね。

ぜひ、酵素について理解を深めて、健康や美容に役立てましょう。

 
こちらの記事もよく読まれています
ページのトップへ